MENU

薄毛対策には育毛剤を!

 

 

薄毛に悩む人は男女問わず多いと思います。薄毛対策としてまず思いつくのはカツラですが、これは薄毛を隠すだけのもので、薄毛を解消するための根本的な解決にはなりません。薄毛解消のために有効な対策は、何と言っても育毛です。そこでここでは、育毛効果につながる方法について、いくつか御紹介していきたいと思います。

 

育毛対策としてまず必要なのは、育毛に必要な栄養を様々な食品から摂取することです。毛髪の99%は約18種類のアミノ酸が結合したケラチンというタンパク質で構成されており、その中で最も多いのがシスチンというアミノ酸です。シスチンは体内で合成されない必須アミノ酸メチニオンから作られますので、このメチニオンを多く含む食品を摂取することが、育毛には不可欠の対策の1つということになるのです。

 

このメチニオンを多く含む食品は、その殆どが植物性及び動物性タンパク質を含むものと共通していますので、これらを豊富に含む食品群を、バランスよく摂取することが大切です。またそのためには、無理なダイエットも避けるべきです。メチニオンを多く含むのは鰹節。削り節・シラス干し・しろさけの筋子・クロマグロを始めとする魚類全般と、海藻類・貝類・甲殻類・肉・卵・穀類・野菜類・種実類・豆類・乳製品・飲料・調味料等に幅広く含まれていますから、好き嫌いの少ない人なら、これらをバランスよく摂ることは難しいことではないと思います。

 

その他、ビタミン類の豊富な緑黄色野菜・玄米・シイタケ・レバー、髪の成長に不可欠な栄養を運ぶ血液の元となる、鉄分・カルシウム・マグネシウムなどのミネラル類、血液中の中性脂肪及びコレステロールを下げる食物繊維を含む根菜等も、育毛をサポートする栄養分として、是非摂取して頂きたいと思います。メチニオンの豊富な海藻類は、髪の保水力や弾力性も高めるものなので、意識して摂取すると良いでしょう。

 

次に育毛と汗や皮脂との関係についてです。特に汗をかいたまま放置しておくことは不衛生で毛根に悪影響を与えますから、必ずタオルやハンカチで拭いて、清潔を保つようにしましょう。またシャンプー後も必ずドライヤーで乾かすようにしてください。濡れたままで放置することは、毛髪に栄養分を運ぶための血行が悪くなる元になりますので、避けるようにしてください。また男性は女性より皮脂の分泌が多いですから、上記のようなバランスの良い食生活を心がけ、脂分・糖質・高カロリーの食品を摂り過ぎないようにしてください。

 

次に食事と運動との連動性についてです。殊に運動不足は髪の成長にも悪影響を与えますので、ジョギング・ウォーキング・ストレッチ・エアロビクス・ヨガ等の有酸素運動を、最低でも1日20分程度行うことが大切です。最後に先程も少し触れましたが、洗髪方法についてです。まず洗髪前には軽くブラッシングし、手櫛とぬるま湯で髪を濯ぎ、髪や頭皮の汚れをザッと落としておきます。次に手の平で良く泡立てたシャンプーを髪につけ、指の腹でマッサージするように地肌を丁寧に洗いましょう。下から上へ洗い上げる感じにすると良いでしょう。濯ぎも頭の下から上に泡が残らないように、丁寧に行ってください。最後にリンスなどでコンディショニングし、タオルドライ後、ドライヤーできちんと乾かせば、育毛対策としては万全です。

 

薄毛の男性の髪型を考えてみよう!

 

薄毛に悩む男性にとって髪型をどのようにするかも、とても大切な問題であると思います。そこでここでは、薄毛の男性に最適な髪型について、いくつかお話していきたいと思います。

 

薄毛の男性は、日本では一般的に厳しい目に晒されがちです。そのことで男性は引け目を感じ、薄毛をごまかすための微妙な髪型になりがちです。しかし薄毛でも目立たないようにしたいというのは、切実な問題であるはずです。とは言え、ネガティブ思考で薄毛を隠すことだけを考えていますと、ヘアスタイリングは決して成功しないと思います。そうではなく、どうしたら薄毛をカバーする髪型、薄毛なのに薄毛でもカッコよく見える髪形を考えることが大切です。

 

理想的な髪型についてお話する前に、まず絶対に避けた方がいい髪型についてもお話しておきましょう。それは例えば両サイドに残っている髪の毛を伸ばしたり、後頭部の髪の毛を伸ばすといったことです。これらの髪型は生え際が後退していたり、頭頂部の薄い場合にバランスが悪くなり、印象も悪くなります。現にこのような髪型にして、残念な印象を与えている男性は時折見かけますので、是非とも気をつけていただきたいと思います。

 

最初に御紹介する、理想の髪型はツーブロックです。これは再度を短く刈り上げ、人の視線をトップに持って行く髪型です。ビジネスマンでもサイドを短くし過ぎず、ジェルで控え目に仕上れば可能な髪型であると思います。アレンジが効きますので、自分の毛の状態に合わせて、どんなタイプにするかを決めると良いでしょう。次に御紹介するのはレイヤーです。この髪型は、前髪を残したい人におすすめの髪型です。ランダムに段差をつけ、生え際や頭頂部をうまくカバーすることが出来、流れのある軽さに仕上げることが出来ます。サイドの髪はツーブロックのときと同様、出来るだけ短くカットしワックスを上手く使って、トップから前髪にかけ、動きのある毛髪の流れを作っていくと良いでしょう。

 

次に御紹介するのはソフトモヒカンです。この髪型は生え際が全体的に後退している男性に、おすすめの髪型です。やはりサイドを極力短くし残りの髪をトップに集め、ボリュームを出すのがポイントです。名前の通り通常のモヒカンよりも、ソフトでマイルドな雰囲気を出せますので派手になりすぎず、若々しい印象を与えられる理想的な髪型です。その他に薄毛の進行が早く、毛髪が全体的に薄くなっている場合は、ベリーショートにする方法もありますが、この髪型が成功するかどうかは微妙です。

 

最後に御紹介するのはスキンヘッドです。もし毛髪全体が極端に薄くなってしまったときは、スキンヘッド=丸刈りにする方法もあります。これは若くして超薄毛になってしまった人が、現によくしている髪型です。但しスキンヘッドは職業によっては差支えがあることもありますし、似合う人と似合わない人がいる等個人差があります。ですから、これは何らかの形で確認なりシミュレーションしてから、した方がいいでしょう。スキンヘッド以外の髪型の基本は、トップは3cm程度・サイドは極力短く・バックはうなじに向かって短く・フロントは短く、といったことにあるので覚えておくと良いでしょう。

 

ですがやはり育毛をして自分の髪をもう一度伸ばしていろいろな髪形にして楽しむことが一番ですよね!ぜひ効果の高い育毛剤でもう一度フサフサの髪を生み出しましょう!